飼い主が悪い?? | ドッグスマイルファクトリー|犬のしつけ方を覚えたい!初心者もプロ並の技術を習得!|東京都中野区

飼い主が悪い??

講師の原です。

本日は「飼い主が悪い」という風潮について、

私の考えを少し書いてみようかと思います。

 

よく、犬が問題行動を起こすと「飼い主が悪い」という言葉が出てきます。

テレビや雑誌、ネットなどで犬のしつけが話題になると、

悩んでいる飼い主さんが

「犬が問題を起こすのは、飼い主が悪い!!」

という批判を浴びます。

 

しかし私は、犬が問題を起こす=飼い主が悪い という話は、

なんだか違う気がするのです。

 

本来、犬が問題を起こした時に

犬に適切な指導をする、あるいは指導を受けることが

良い飼い主であり、責任感のある飼い主のはずです。

 

つまり、犬の現状を見て良い飼い主か悪い飼い主かを判断するのではなく、

問題にどう取り組んでいるのかをキチンと見て、評価されるべきだと思うのです。

 

何も考えず、犬の好きに生活させたとしても良い子な犬は沢山います。

反面、とてもデリケートな犬でかなり意識を高く持っていないと飼えない子も沢山います。

 

前者の飼い主が良い飼い主で、後者の飼い主が悪い飼い主なのでしょうか??

犬が悪いから飼い主が悪いのではないと、私は考えています。

あえて悪い飼い主がいるとするのであれば、

問題を認識しながら面倒くさいと放置して、

結果起きた問題に対して「このバカ犬!」と犬にだけ責任を負わせて、

その後も改善を試みることなく責任を放棄する場合ではないかなと思います。

 

私はダメな飼い主なんです。。。と、肩を落としてご相談に来られる方がいらっしゃいます。

動物病院やしつけ教室、トリミングサロンなど、

いろんなところで「飼い主が悪い!!」と非難され、

怖くて相談することをやめてしまったそうです。

非難された飼い主さんが、もし犬の飼育を放棄してしまったら、

果たして誰がその命に責任を取るのでしょうか?

最初に訓練士が飼い主さんにかける言葉は、非難の言葉ではなく、

 

「大丈夫ですよ。」

「一緒に頑張っていきましょう。」

 

そんな前向きな一言であるということを忘れずに、励んでいきたいものです。

 

先日は大雪でしたが、今日はあまり降らないと良いですね。

犬は大喜びですが…w

 

=====================================

日本に住む愛犬とそのご家族に

それぞれのご事情やご希望、

住環境にあわせた生活方法を提案する

「日本式」「飼い主式」

犬のしつけ、暮らし方のメソッド。

 

DOG SMILE FACTORY

http://dog-smile-factory.com