犬の訓練士とドッグトレーナーの違い。 | ドッグスマイルファクトリー|犬のしつけ方を覚えたい!初心者もプロ並の技術を習得!|東京都中野区

犬の訓練士とドッグトレーナーの違い。

講師の原と申します。
本日は呼称の違いについてお話させて頂きます。

 

◇犬の訓練士

◇ドッグトレーナー

この違いってなんでしょう?

「あなたは訓練士?トレーナー?」

たまにされる質問です。違いは日本語か英語かというだけなのですが・・・

私が犬の世界に入り、様々な考えを持つ方とお話をした経験から考察すると、
昔は犬の訓練士というと、日本では警察犬の訓練所が主で、
そこが家庭犬のしつけも請け負うというところがほとんどでした。
つまり警察犬も家庭犬も、同じ環境、同じ目線で訓練されていた訳です。
当時は時代の考え方や、環境の違いもあり、
訓練も厳しいものが多かったのだと思いますが、
それは同じ目的で犬を利用していた欧米でも同じようなものだった想像します。

それから時代は流れ、世界的な動物愛護意識の高まりとともに、
動物飼育のあり方が問われるようになり、
いかに負担をかけずに動物や環境を飼育、保全するかという研究が進み、
欧米で広まった新しい動物のトレーニング理論が日本にも入ってきます。
そこで、日本において新しい理論を取り入れる際、
旧来の方法と区別するために、
新しい欧米式トレーニングを使う方がドッグトレーナーを
自称するようになったのではないかと思います。

しかし、最近では新たな定義がチラホラ見られるようになっていました…
一部の意見なのかもしれませんが、

ドッグトレーナーは家庭犬のしつけで、訓練士は使役犬のしつけ(警察犬、盲導犬など)。

そのような事実はありませんが、それぞれ全く異なるものであるという主張が存在することは
前述の理由から、一定理解はできます。しかし最近では、
以下のようなドッグトレーナーの新しい定義をチラッと見かけるようになってきました。

ドッグトレーナーとは

1.主に仔犬の訓練をする者
2.主に問題行動の予防を行うもの
3.咬みつきなどレッドゾーンを越える問題に対応しない

いつの間にか、こういう考え方も一部で出てきてしまっているようです。
おそらく、警察犬訓練士よりも優しいドッグトレーナー!というアピールが行き過ぎた結果、
まったく本質から逸れてしまったのではないかと思います。

最近、犬を見てもいないのに訓練を断られたことがあるというお問い合わせを受けることが、
確実に増えているように感じます。

「うちの子はもう手遅れなんでしょうか…?」

2校に断られ、当校で3校目だそうです。
ワンちゃんを拝見させて頂いたら、何のことはない、良くある問題でした。

犬の訓練士もドッグトレーナーも、持つべき技術や知識、思いやりは同じ。
そこに定義の差はなく、あるのは個々人の知識と技術、意識の差です。
この仕事は、医者と同じ命の駆け込み寺です。訓練士であれ、トレーナーであれ、
定義に守られ、本分を忘れるようなことはあってはならないと思います。

 

 

=============================
日本に住む愛犬とそのご家族に、
それぞれのご事情やご希望、住環境にあわせた生活方法を提案する、
「日本式」「飼い主式」の犬のしつけ、暮らし方のメソッド。
DOG SMILE FACTORY
http://dog-smile-factory.com